スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

MY LAST LOUVRE IN 2013

一年がまもなく終わっちゃうのでなんでも最後になりますね。。
今日は2013年最後のルーブル美術館に行ってきました。
明日31日は定休日(火曜日)で1月1日ももちろんどこもお休みになります。

今とてもいい展示会がありますよ
          
                              Le Printemps de la Renaissance
                               ルネサンスの始まり

2013年は何回ルーブルに行ったんだろう。。まず9月いっぱいまでいつでも入れる学生証があったので月に少なくても2−3回行ってましたね。いつも行くと絵ばかりみますけど。。
今日は違う物を見ることに。。

子供時代はエジプトとかミイラが好きだったので。。子供に戻って古代エジプトセクションへ
          
                            The seated Scribe (2600 to 2350 BC)
                4000年以上前の物だけど1850年にSakkharaで発見したらしい

エジプト美術で世界最大に有名(ルーブルによると。。)だと言われるものは
The best of the Egyptian treasures:
1. The mask of Tutankhamun's mummy (Cairo, Egypt)
        

2.  Nefertiti Bust (Neues Museum Berlin, Germany)
          

3.  The seated Scribe (Louvre Museum Paris, France)
          
だって!!!

私は運よく1と3は見てます!今度ベルリンに行きたい!!
無理かな。。

          
Last look from inside the Louvre towards The Arc de Triomphe de Carrousel and Place de la Concorde

Good night dear artifacts!Enjoy your silent reveillon!

mny

FRANCOIS 1er

I just collected Francois 1er's portraits. Feel free to browse!

        

     

    

    

           

    

    

    

                

              


       Fichier:François 1515.jpg

      
mny

MUSEE PAUL BELMONDO

Paul Belmondo is one of the greatest sculptors of 20th century but I can't hide the fact that I was there because he was the father of my favorite actor Jean-Paul Belmondo ha ha!
This museum is located in the château Buchillot, a former property of Rothschild family (now belongs to the city of Boulogne-Billancourt). All artifacts in the museum were donated by Paul belmondo's children: Muriel, Alain and Jean-Paul.       

ポール・ベルモンドーの美術館に行った理由の一つは:彼は私の大好きな俳優、ジャンポール・ベルモンドーのお父さんだからです
パリの端のブローニュ・ビヤンクールにあります。

     
                                   Musee Paul Belmondo

      
                             Cours d'honneur (Chateau Buchillot)

                
                                         Apollon d'Alger 1933

後ろの車。。じゃま!

               
                                           Jeannette 1951

待ってる間にお庭を散歩しました。お庭にある彫刻は別なアーティストが作った物です。
All statues in the garden were made by other artists.
               

     

     

      

      

ルーブル美術学校の見学は毎回毎回遅れる人がいるので。。だいたい15分くらいロスしてますね。。今回は待ってる間にお庭に行けたからよかったけど。。さて、20分経過したからそろそろ始まりませんか??

     
I think the statue was well-designed but still I prefer Greek antique statues..(sorry, Paul, sorry Jean-Paul..)   

     
ギリシャの昔の彫刻というのはすごくリアルで大好きです。これはなんだかシンプルすぎて。。ポールさん、ジャンポールさん、ごめん

      
  ヌードっぽいけど襟とかボタンがあるから洋服を来てるんだなってわかりました。

美術館の中です。
Inside the museum.

     

              

              

      

      

     


              

     
                           Empress Farah Pahlavi of Iran

               
                                         Couple et Amour 1966

      

      
             ポールの子供たちの彫刻

      
                              Jean-Paul Belmondo (4 years old)

お父さんが作ってくれたのはこの一品だけだそうです。なぜかというと。。ジャン・ポールはじっとしない子供だからだそうです。

ポールが持ってた絵や彫刻なども飾ってありました
               

               

Paul Belmondo is a great sculptor and illustrator      
                                                       Salle des dessins
                              
メダルなども作ってました。                                                                    
     
                                           Salle des medailles

     
                                              これはJean-Paul..
                                          Jean-Paul Belmondo

     
              これもJean-Paul。。
                                          Pope Jean-paul II

    
             カッコウいいサインだよね♪

   

Musée Paul-Belmondo
14, rue de l'Abreuvoir Boulogne-Billancourt


mny

LA RENAISSANCE ET LE REVE

今,パリのLuxembourg美術館でこの展示会をやっています:ルネサンスと夢。素晴らしい絵、面白い絵がたくさんありましたのでみなさんにも見せたいのですが、英語がほとんどでごめんなさいね!

    
                      Sleeping Venus and Cupid by Paris Bordone.

    
Left: night. Right: day. (Apollo's chariot with his sun horses means it will be day soon)
      左:夜。右:昼間。(アポロンの馬車があるから)

     
    The morning. Aurora and Apollo's horses. By Battista Dossi
     朝(オーローラが現れてアポロンの馬さんたちが帰る準備を。。

              
    Baby Jesus with Joseph, Maria and Saint John the Baptist by Bronzino

              
Sleeping Venus and Eros discovered by a satyre..by Antonio Allegri da Correggio (il Correggio)

     
Allegorie de la nuit by Michele di Ridolfo del Ghirlandaio. Inspired by the famous sculpture by Michel Angelo
       この絵はミケル・アンジェロの彫刻の影響で描かれました

     
Sleeping Apollo by Lorenzo Lotto. The clothes belong to 9 muses enjoying themselves.
          寝てるアポロンと遊んでるmuseたち。

     
Intersting painting! The Virgin's dream. Look like she saw the outcome of Adam and Eve being cheated by the snake!It reflects one of the legends that Christ's cross actually came from the tree that Adam and Eve took the apples..
   マリア様の夢にアダムとイーブや蛇が出てきます。(蛇超気持ち悪い!)

     
Diane(or Selene) and Endymion by Garofalo.This story reflects the present society! Selene, Goddess of the moon, was so in love with Endymion but he said 'no' to her..so she punished him by making him sleep forever! Another version is that she loves his sleeping face so much that she asked her father Zeus to give him an eternal sleep so she can enjoy his sleeping face forever! No good to be good looking huh?

セレーヌとエンディミオンの話。。いろいろなバージョンがあるけど。。セレーヌ(ダイアナと同じらしい)がエンディミオンの寝る顔が好きで好きでたまらなくて、お父さん(神様:ジュピター)にお願いして、エンディミオンが永遠に寝るようにしてもらったそうです。そうするといつでも彼の寝る顔が見られるのです。。(power abuseですね!許せない!)

              
                        Dream of a young girl by Lorenzo Lotto

              
                      Enee (Aeneas )'s dream by Nicolo dell'Arate.

    
                          Allegorie de la nuit by Battista Dossi
           夜は危険と言うイメージが。。

               
Sleeping Paris by Pieter Coeke Van Aekt. With the 3 graces. It seems that this time it wasn't Venus who won but Junon..

               
The vision of Saint Helena by Veronese.Seems that she was told in her vision where Christ's cross was buried..

              
                              Philippe II's dream by El Greco.

               
L'Amour(Eros) and Psyche by Jacopo Zucchi. It is not a blessing to be beautiful..Psyche was so beautiful that Venus was jealous of her! People looked at her as a goddess and no one dared to marry her..At the end, Eros, Venus's son came to her only at night and be her husband. She had to promise not to look at his face in the light..One day, tortured by the thought that her husband might be a demon, Psyche lit a lamp and found herself looking at the most beautiful man she had ever seen. But then (like in every sad love story..) one drop of oil from the lamp fell on Eros and he fled in rage cos she had betrayed him. (Oh no!)

La Renaissance et le Reve
Musee de Luxembourg until January 26th, 2014

mny

 

APOLLO & LOUIS XIV (2)

さて、前回ご紹介したGrottes de Tethysなんですが。。なくなっちゃったんですね。。
じゃ。。テーテュースの洞窟はもう見れない??もったいない!

Actually, you can find the 'new' Grottes de Tethys inside the Bosquet des bains d'Apollon in the garden of Versailles..too bad the original stataues need to be kept safely inside the Petite Ecuries..

実はベルサイユ宮殿のお庭にBosquet des bains d'Apollonというところがあります。普段入れないような感じでしたけど。。(誰のために作ったの??)ここにリープロダクションのApollo served by the nymphsがあります。(本物はLa Petite Ecurieの中。。)


     
You can find a reproduction of Apollo served by the nymphs inside the Bosquet des bains d'Apollon..I don't know which day it is supposed to be open to public though..

     
The scene was reproduced by Hubert Robert..you can see the difference from the original though.. (for example, the nymph on the left is too far from the group etc.)

    
リープロダクションにHubert Robertという人が担当したけど。。なぜかオリジナルと違う。。自分のタッチを入れたいからかな。。

     

Bosquets des Domes:
  
次に行ったのはBosquet des Domes..ルイ14世の時代に作られたのでまた太陽神、太陽王のシンボルがいっぱい!


                  
                   Acis

                 
                 Galatee

ルイ14世時代に注文された彫刻のいくつかがここで見られます。みんなオリジナルじゃないけどね。。オリジナルはどっかの物置に。。

P.S. All are reproductions..


Bosquet de la colonnade:
     

  最後にここへ。Bosquet de la Colonnade..大理石がすごくきれいでした!

     
                      Again, the lyre..symbol of the Sun God

    
きれいな大理石♪ピンクのはフランス産、グレー色はイタリアのカラ―ラから。グレーと白の柄が入ってるのはイタリアのSeravezzaからです。

     
             Le bassin d'Apollon

ここは最悪な状態に。。色もそうですが、ブロンズでできてるので水の中のブロンズがぼろぼろ。。いつまでもつのかな。。

Ecole du Louvreのプログラムは3カ月ずつに出てきます。ベルサイユの見学は12月までないでしょう。。なんだか寂しく感じます。1月〜のプログラムが楽しみ♪ベルサイユ宮殿にまた行きたい♪

mny

APOLLO & LOUIS XIV

Do you know the connection between the God Apollo and Louis XIV?

面白いタイトルでしょう?アポロンとルイ14世はどんな関係だと思いますか?
確かにヴェルサイユ宮殿に行くとアポロンだらけだよね?
       
今回運よくマラル先生がこの素晴らしい場所に連れてきてくれました。Versaillesの前にあるLa Petite Ecurieというところです。Ecurieとは馬や驢馬などをキープする場所です。

VersaillesにはGrande EcurieとPetite Ecurieがありますが、grande(大きい)やPetite(小さい)は建物のサイズを指すのではなく、中にキープする動物の種類で別れるそうです。

Grande Ecurie(道を挟んで反対側にある建物)はchevaux de selle(体重が軽く速く走れる馬。人間が載るのに適切)用。
Petite Ecurieはchevaux de trait(大きいサイズの馬で重い馬車などを引く力持ちな馬)用。

今、La Petite Ecurieには(生きてる。。)馬がいないけど、ベルサイユやルーブル美術館の物置になっています。物置と言ってもただの物置ではありません!すごくすごく歴史的な価値があるギリシャやエジプトの彫刻ばかりでした
ここでこれらの美術品を修正方法や長く保存するためのいろいろな研究も行われています。
なぜかこの中に建築学校も一角入っています。。

This is the 'Petite Ecurie' at Chateau de Versailles.
    
                                           One word: WOW!

     
Most artifacts are Greek antique marble statues..and most are in need of a neat restauration before they broke into pieces..

     
    中に入った途端。。みんなが立ち停まりました。。すごすぎる

               
'These beautiful art pieces shouldn't be kept but should be put in museums!' Well, that's what most people think..but to do that, first you need funds to restore them and you need a place to display them too..
From my lecturer: donations are most welcome! (please contact me! I will link you to Mr. Maral ha ha!)


        
                   Latone and her children: Apollo and Diana (or Artemis)

Why Louis XIV is so obsessed with Apollo?
Because he considered himself 'The Sun King' and Apollo happened to be 'the Sun God'..


先の質問の答えは。。ルイ14世は太陽王。。アポロンは太陽神だからです。だからルイ14世は自分をアポロンに例え、アポロンを自分のシンボルにしたのです。

この馬小屋の中にとてもきれいなアポロン関連の彫刻が隠れています。
               
                        2 of Apollo's horses ( Les chevaux de soleil)

アポロンは(お仕事に。。)いつも4頭の馬を使ってるのでこのシーンは一日の辛いお仕事の後に解放される馬さんたちのイメージ。。(ここに2頭、下に後の2頭)

       
              The other 2 horses are resting after a hard day's work..

      
                             Apollo served by the nymphs
アポロンも疲れたので6人のnymph(日本語は’ニュムペー’?)に足を洗ってもらったり拭いてもらったりお世話してもらってるシーン。。アポロン様お疲れ様

      
Look at the details! Apollo's lyre (musical instrument) and his sandales look so real!
すごくよくできています!サンダルもボロボロ!この楽器'lyre'もアポロンのシンボルです

           
    Look at the nymph's back! Poor girl..she needs lots of restoration..

このグループの彫刻は昔々ここにありました
Once upon a time, these Apollo's group of statues was displayed at Grotte de Tethys, a part of Chateau de Versailles..now all are gone..  File:Grotte de Téthys-intérieur.jpg
                     Grottes(cave) de Tethys (doesn't exist anymore)
 テーテュースの洞窟(ルイ14世時代のイメージです。現在はもう残ってません。。)

The place where the Grottes de Tethys used to be now looks like this:
    
      テーテュースの洞窟があった場所は今こうなっています

                
ルイ14世の大好きなビュースポット。。必ずお客さんをここに連れてくるそうです。ここからは目の前にアポロンの池、両側に四季の彫刻、後ろにベルサイユ宮殿がきれいに見えるので。
The best view point according to Louis XIV..You can see sunrise, the statues of four seasons, and chateau de Versailles from this particular spot!

              
      これも太陽王をテーマにするvase。。ひまわりの柄です
                  This vase also reflects the sun theme: sunflower

この記事を書くのに結構時間がかかりました。もっともっと詳しく書きたかったけど。。早くみなさんに紹介したかったので。。
いかがでしたか?楽しんでくれたかな?

Hope you enjoy the story!

mny                

                

LOUIS XV'S DAUGHTERS (Part 3)

次はMme Adelaideのお話です。
Let's talk about Mme Adelaide!
               
The entrance to Mesdames' quarters and the stairs upto the King's quarters.

               
                                         Salle des Hoguetons

This room used to be Madame Pompadour's anti chamber.


                
                       Amphitrite, Sea Goddess and wife of Poseidon.

                
                                                     Who?

               
Mr Maral said this is the only thing in this room that survived..others are either brought from other chateaux or relatively newly made.

Mme Adelaideのこの部屋の中にはこれだけが昔のままでした。他の物のほとんどが違うシャトーから持ってきたそうです。

Mme Adelaide's rooms..

Mme Adelaide is the 6th child of Louis XV.
She was never married: in the late 1740s, by the time she had reached the age when princesses normally married, there were no consorts available in Europe; she preferred to stay unmarried rather than marry someone who was not a monarch or an heir to a throne. She became the head of the group of the three unmarried, younger sisters who survived into adulthood; the others were Mme Victoire and Madame Sophie. They all found solace in music.

Here is Mme Adelaide's Grand Cabinet :
    
                          Painting of Mme Adelaide by Nattier

from wiki:
アデライードは若い頃は驚くほど美しかったと言われ、父親を含めて誰をも魅了した。コンティ公ルイ・フランソワ・ジョゼフや、ザクセン公子クサーヴァーなどとの結婚話があったのにもかかわらず、彼女は自分に相応の身分の君主と結婚することを希望したので、結局婚期を逃してしまった。彼女の趣味は、読書と角笛を吹くこととナプキン・リングを作ることだった。ルイ15世はアデライードに「ぼろ」「ぞうきん」などのあだ名をつけていた。


    
      なぜかMadame Victoireのバイオリンがここに。。

quiz:バイオリンの下は何でしょうか?(答えは最後に。。)

    
              カワイイティセット
          (足を置くためのイス。。贅沢だよね!)

               
                                                 Beautiful!
 

     
              オルガンもあるよん

     
      Mme Adelaide's beroom (all furniture are not from that period of time)
Mme de Pompadour used to stay in this room too.

     

     
                               Mme Adelaide's cabinet interieur

‘ベルサイユのばら’では、妹のVictoire、Sophieとともにベルサイユ宮廷での反デュ・バリー夫人一派の筆頭で、王太子ルイ・オギュストに輿入れしたハプスブルグ帝国のマリア・テレジア女帝の皇女、マリー・アントワネット王太子妃にデュ・バリー夫人の悪口を入れ知恵し、王太子妃を後ろ盾に権勢を振るった王女として描かれているようですが。。

とてもきれいな方でしたね

mny

PS:quiz:バイオリンの下は何でしょうか?
  answer: ピアノ (フォルテピアノ)

LOUIS XV'S DAUGHTERS (Part 2)

ベルサイユの忘れられるアトラクションの1つ:彫刻。
これらの彫刻は半端ではありませんよ!
ルイ14世時代に24の彫刻が注文されました。だいたい6つのテーマで1つのテーマに4つという計算でした。例:土・水・風(空気?)・火グループや春・夏・秋・冬の季節のグループなど。。
本来ならベルサイユのお庭に飾るのですが、雨や風や空気の汚染にさらされて。。今、全部宮殿の中にお引っ越ししました。

  
Galerie de bas with a few antique statues! Left: L'Air (air), right: La Terre (Earth)

    
                            誰もいないベルサイユ。。いいよね

さて。Mme Victoireのお話しの続きをしましょう
ベルサイユ宮殿で生まれました。年上の兄弟姉妹たちとは違い、1歳年上の姉アデライードとともに、フォントヴロー修道院で育てられました。アデライードや妹ソフィー同様に父の愛人デュ・バリー夫人を嫌い、甥の妻マリー・アントワネットをたきつけて夫人と対立させたことが知られます。
まあ、結構すごい方だったんですね
     
                             Mme Victoire's 2nd anti chamber

    
Mme Victoire's cabinet. She is a keen musician! (Look at these 2 hapsicords!)

    

   
                               Mme Victoire's bedroom

    
         ‘Aux Armes de France Couronnees'
This carpet is considered one of the most beautiful carpets in the world!The color is still vivid and beautiful!


   
These vases are original! 3 are in Versailles, the other 2 are on long term loan by Metropolitan Museum of Arts.
英語やフランス語はvaseと言いますが、お花を入れる物ではなく置物です。オリジナルの物が少ないベルサイユにとても大切な存在です!最初3つしかありませんでしたが、メトロポリタンミュージアムオブアーツが貸してくれました♪やさしい!

   
     Mme Victoire's cabinet interieur. The smallest room in her quarter.

  
    Library was shared between the 2 Madames: Victoire and Adelaide.
図書室はたくさんあってもしょうがないので。。ここは2人がシェア(Mme VictoireとMme Adelaide)本のカバーの色で誰の本かわかるようになってるそうです。

次はMme Adelaideですね!

mny

LOUIS XV'S DAUGHTERS (Part 1)

ルーブル美術学校の協会が実施するツアーに参加するのが大好きです
今回は休館日でのベルサイユ宮殿見学です!とても有名な先生について2時間弱の説明を聞きながら観光客ゼロのベルサイユを見学。。これ以上の楽しさはありませんよ!(...ウソです!シャンパーニュとケーキ以外。。
ベルサイユは広いので今回のテーマは:ルイ15世のお嬢さんたちのお部屋
ちゃんとしたストーリーがあった方がわかりやすいので。。英語と日本語両方盗んできました

The royal couple, Louis XV and his wife Marie Leszczinska, had ten children in ten years: the Dauphin, a second son, and eight daughters. Louise de France, the youngest, was born in 1737. Raised in the court or in an abbey, they formed a united front with the Dauphin against their father’s mistresses. Mesdames lived for many years in Versailles before fleeing from the French Revolution.

 
The eight daughters of Louis XV were given the title of “Madame”. Not all of them were raised in the court of Versailles. Their education there was regarded as too costly, so the four youngest, Victoire, Sophie, Thérèse and Louise, were placed in the Abbey of Fontevraud while the eldest, Louise-Elisabeth, Anne-Henriette, Marie-Louise and Marie-Adélaïde, stayed with the king. Separated thus, the influence of Mesdames was limited.
Later on they all lived in the Château and kept a close watch on their father’s mistresses and favourites. Madame de Pompadour understood that she had to keep her distance from these plotting princesses who gave her spiteful nicknames. Only the eldest, Madame Louis-Elisabeth, married: in 1739 she wedded one of the sons of the king of Spain, while the others stayed on in Versailles in their different apartments. After the death of Madame Henriette in 1752, Madame Adélaïde could no longer bear to live in the Aile du Midi where her sister had died. She moved to be closer to Louis XV in the central part of the palace, to the chagrin of Madame de Pompadour. Accompanied by their sister Madame Victoire, the two princesses stayed here until the Revolution, while the others died before it broke out.

In 1789, under the pressure of the Revolution, they left Versailles for the Château de Bellevue, the former residence of Madame de Pompadour, given to her by their father in 1774. In the 1790s, Marie-Adelaïde and Victoire de France, the last two surviving siblings, fled from the dangerous political situation to Italy. In 1800, Madame Adélaïde died in Trieste, shortly after her younger sister.

ルイ15世の王女たち

ルイ15世と王妃マリー・ レクザンスカは10年間あまりの間に、ドーファン(王太子)と二番目の男子そして8人の娘たち合計10人の子供をもうけた。二番目の娘のルイーズ・ド・フ ランスが誕生したのは1737年。宮廷内あるいは大修道院で養育された彼女たちはドーファン(王太子)と一緒になって、場合によっては国王の愛妾に対して 結束することも辞さない強い兄弟姉妹の絆を抱いていた。メダム(マダムの複数の敬称)と呼ばれた王女たちは長年をこのヴェルサイユ宮殿で過ごした後、フラ ンス革命勃発を機に逃亡した。

ルイ15世の王女には「マダム」という称号 が与えられた。ルイ15世の王女は全部で八人いたが、全員がヴェルサイユ宮殿で育てられたわけではなかった。彼女たちの教育はお金がかかりすぎると判断さ れたからである。そのため四人の末娘たち、ヴィクトワール、ソフィー、テレーズ、そしてルイーズはフォントヴロー修道院に預けられ、四人の姉たち、ルイー ズ=エリザベット、 アンヌ=アンリエット、マリー=ルイーズ、マリー=アデライドは王の傍に残った。別々にされた王女たちの影響力は限られたものだった。

後 に、彼女たちは皆宮殿で共に生活するようになり、父である王の寵妃やお気に入りの者たちを注意深く観察するようになったのである。ポンパドゥール夫人はこ れを察知し、陰謀好きで彼女に悪意のある渾名をつけた王女たちから距離を置かなければならないことを悟った。長女であるルイーズ=エリザベット王女だけが 1739年にスペイン王の王子の一人と結婚したが、他の王女たちは皆ヴェルサイユに残りいくつかの居室の住人となった。アンリエット王女が1752年に死 去すると、アデライド王女は姉が息を引き取った宮殿南翼に住むことに耐えられなくなった。彼女は、ポンパドゥール夫人への迷惑にもかかわらず、ルイ15世 のすぐ傍に引越し、宮殿の中央棟に住居を構えた。そしてアデライド王女は、妹のヴィクトワール王女と共にフランス革命時まで宮殿に留まったのだった。他の 姉妹は市民の怒りが爆発する前に亡くなっている。

1789年、フランス革命の圧力の下、姉妹はヴェルサイユ宮殿を後にし、1774年に父 であるルイ15世からポンパドゥール夫人に贈られたベルヴュー宮に移り住んだ。1790年代、姉妹の生き残りであるマリー=アデライド・ド・フランスと ヴィクトワール・ド・フランスの二人は、危険から逃れるためにイタリアへ亡命。1800年、妹が亡くなってから間もなく、アデライド王女はトリエステでこ の世を去った。   
   
     
        
                      Louis Ferdinand, dauphin de France (4th child)
   
                
                                     Madame Adelaide(6th child)

               
                                  Madame Victoire(7th child)

              
                      Madame Louise Elisabeth 'L'Infante'(10th child)

ルイ15世は王女と間で10人の子供がいましたが、男の子は2人、女の子が8人でした。そのうちの3人(男の子1人、女の子2人)が子どもの時に亡くなりました。昔は医療がまだまだ発達してなかったので王室でも生き残るには大変らしい。。

しかし、生きてるのもいろいろと大変な問題があります。ルイ15世はベルサイユ宮殿に住んでたけど、大人の子供7人をどうやって住ませるのか??
普通の人間だったら小さい部屋があればOK!姉妹2人が部屋をシェアすればOK!だよね?

王様の娘なので、そんな訳にいきません!
王様の娘は一人に付き最低5つの部屋がないといけません!
Anti chamber2つ、寝室、キャビネ、プライベートキャビネがないといけません。。

’そんなことを言っても場所がないからしょうがないじゃないか!’と思うよね?

ルイ15世はどうしたかというと。。下4人の娘をAbbaye de Fontevraud(フォントヴロー修道院)に送りました。勉強のためだと言う理由で。。

歴史の本に載ってないよね、こんなネタは?

先生のM. Maralの話が面白くて面白くてやめられない!来週もまたベルサイユ見学に行きます!

次回Mme AdelaideとMme Victoireの部屋の写真を載せますね
いっぱいあるから頑張ってみてね!

mny
 

ART OF ISLAM (MUSEE DU LOUVRE)

最近、ちょっとボケてきたのでルーブルのこの話ってしたっけ?
2回も同じ話をしてたら許してね

ルーブル美術館の中に新しい部屋ができました。イスラムアートのセクションです。  
    
            ラクダの形をしてる香水入れ

        
Great Mosque of Damascusからのモザイクの絵です。705年の物だって!古い!

           
何枚かあるみたいでローテーションで展示されるそうです。今月も見に行かなくちゃ!!

    
              素敵!(モザイクです)

        
      これはランプです!上に蝋燭を置くんじゃないかな?

    
      これは何だと思いますか?マングースのかごだって

    
          これ、水を入れるんだよね?

    

     

        
         これはincense burner(香炉?)です

                
            これもそうだったかな。。

   
イスラムの壁や床のmotive(柄?)がとてもきれいです。私の好きな色がたくさん使われてるし

   
                でっかい鍵!

   
上にかかってるのはランプで、下は本(クルアーン,イスラム教の聖書専用かもしれないけど)置きです

    

    
これも不思議!スペインからの12世紀のものです。これはfountain head(噴水の口?)だそうです。水が出てる時を見てみたいよね!

           
              変わってる形の香炉

   
         これを見てナイフが好きになりました

     
              見て!みんなきれい

     
             ほしい!家に飾りたい

    
                  計り

  

    
             あ〜あ、ブルーが大好き

    
             壁がきれいでしょう?

     
         イスラム風ステインドグラスもいいよね

      
               3世紀のモザイク

     
      このお魚のお皿が一番好きだったかも。。カワイイ

イスラムの国はマレーシア以外行ったことがありません。なのでどれを見ても新鮮で美しかったです。見たことない、知らない物ばかりでした。ルーブル美術館はもともと何回行っても飽きない場所ですが、これでさらに行きたくなりますね

今、ラファエルの展示がありますし早く見に行かなくちゃ!

mny


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode