スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

BOUILLON

Bouillon, a small and charming town in Belgium.

ベルギーとルクセンブルグの国境近辺にある’ブイヨン’です。名前が美味しそうですよね!(ブイヨンスープが飲みたくなる。。)

      
                ブイヨン城

      
             とてもかわいい町です

      
                                            Beautiful flowers!

                  
           ベルギー料理?コロッケとフライポテト
アメリカで言う’フレンチフライ’はもともとフランスではなくベルギーで生まれた食べ物らしい。。

      
                                Bouillon Castle & Semois River

この日は朝、ドイツで起きて、ルクセンブルグでお散歩して、ベルギーでランチした後フランスに帰りました。1日で4カ国行きました!何ちゃって系のツアーみたいよね!!!

楽しかったけど

mny

SPONTIN

Spontin is a village on the Bocq River is situated between Dinant and Crupet . It is reputed for its castle and for its mineral water, lemonades and syrups.

スポンタンはベルギーにある小さな村です。お城とミネラルウォーターで有名らしい。ここに行くまでどっちも知らなかったけど。。

      
       ここがお城?横から見ると普通の家に見えない?

     
               ここまで来るとお城らしくなりました。 Spontin Castle

    
             お城の前に子供のお城
                   The children's playground looks like a castle too!

     
                                         Saint George Church

                         
                                   Mineral Water made in Spontin
このブランドのミネラルウォーターは見たことがありますか?レモネードやシロップも作ってるみたいです

     
                              Rainbow Trout a la Meuniere
ベルギーの食事は代々こんな感じで出てきます。メインとサラダとポテトが同じお皿に。美味しいとは言えないけどニジマスは新鮮でした。

    
            こういう田舎が大好きです
  I really enjoy this kind of countryside view..the color of nature is just magnificent..

mny

LE MOULIN HIDEUX -THE RESTAURANT

お散歩をして(人の。。)ワンちゃんと遊んでゆっくり休んでから夕食
ここの人たちはすごくフレンドリーで何回も来てるようなアットホームな感じでした。シェフは働き者でいつも忙しくレセプションでお客さんを迎えたり、ホールでスタッフに注意したりキッチンに走ったりしてました。それでもいつも笑顔で素敵なシェフです。このオーベルジュはひいおじいさんがオープンしてから65年経ったんだって!  

This auberge was opened in 1947 by the present chef Julien Lahire's great Grandfather Raymond Henrion. Julien is the 3rd generation chef who continues to keep 1 star Michelin status first awarded to them 50 years ago.

              
             シャンパンはサロンで

      
      フォアグラのムースだったかな。。とにかく美味しかった
  I forgot what it was..maybe foie gras mousse? Anyway it was yummy!

  
                     Carpaccio of bar de ligne (wild sea bass)
             スズキのカルパッチョ

  
         Poached foie gras with kombu dashi
ポーチフォアグラと昆布だし。なんだか和食っぽいよね!ヨーロッパでは日本の風味が大人気です。

  
       Cod fish in oyster juice 鱈の牡蠣汁ソース

  
             チーズも付いてました。

  
      Dark Chocolate dessert  デザートは普通でした。。

     
           コーヒーは場所を変えてサロンで
             We like to change places for coffee. This time at the cozy salon.
                                         

 
シェフは3代目です。でも私たちは4代目のシェフにも会ってきましたよ!次のシェフは生まれたばかりでまだ2カ月です!どんなシェフに育てるのか楽しみ♪
  
                                          Chef Julien Lahire

                

                                  Auberge du Moulin Hideux
                                B-6831 Noirefontaine, Belgium

mny

LE MOULIN HIDEUX

週末にベルギーの田舎に行ってきました
日本から外国に行くことはなかなか大変だけど、ヨーロッパは2-3時間だけドライブしたら外国に出られますね。。
フランスよりも物価が安いベルギー。。チョコレートも美味しいよね

We try to enjoy the most of our short (?) stay in France by going for a drive at least once a month. If the weather permits, maybe once every week ha ha!

European countries are so close together so it's even easier for us to discover a foreign country..

Destination: the Belgian countryside..

     
泊ったホテルというかAubergeは何もないところにあります。農家もお店も何もない静かな林の中にあります。人の声が聞こえたなと思ったらカヤックで通りかかった人たちでした。(カヤック、見えるかな?)
     
        Le Moulin Hideux means 'The Hideous Windmill' But why?

(from the hotel's history)
Already in the XVII century there were two watermills on the stream boarding our garden. In those days maps mentionned the place in dialect as «  l'y deux molins »( the two mills), when written this has been noted as «  l'hideux moulin » ( the hideous mill) and our valley, the road and the last mill became ... hideous.

大きそうに見えるかもしれないけど部屋は12つしかないです。しかもいつもいっぱい!常連の方が多いらしい。例えば今回泊ったら来年の分をすいでに予約するような。。
いいなあ!うちも’常連さん’のリストに入りたい

    
         4月末でしたがまだまだ寒かったです

       
   この彫刻はもしかして下のこのおじいさん?ちょっと顔が似てたような。。

                 
                              Bonjour! Je m'appelle Aubrac!
ホテルの一員のオーブラックちゃんはとても優しいワンちゃんです。ちゃんとポーズしてくれてありがとう

    
とてもcozyなリビング!こういう家もいいよね!ちなみに窓からすぐのところには小さな滝があります。(左側に滝が見えますか?)

    
  こういうところはコーヒーを注文すると必ずケーキやクッキーがついてくる

一つだけあったらいいなと思う物があります:温泉
日本の温泉が懐かしい。。

普通のお風呂もいいけど疲れが取れないよね。。
しょうがないからワインを飲みながら食事を楽しんで、疲れが取れたら寝よう
お疲れ様

Zzzzzz
あっという間に朝になりました。。

                  
朝もコーヒーを注文したらパン・オ・ショコラとパウンドケーキが付いてきました

ひどい風邪と花粉症で3日間全然声が出なかったけど、ここに一泊して体がリフレッシュされたようです。ハスキーな声だけどお話しすることができました。やっぱり空気がきれいですよね!パリに戻りたくなかったよ〜

                        entree
Auberge du Moulin Hideux
Noirefontaine, BELGIUM

mny

YPRES

(from wiki)
イーペルはベルギーの西にある町です。第一次世界大戦中、イーペルの戦いなどドイツ軍と連合国軍の最前線として長期間戦闘が繰り返され、一時街は廃墟となった。

戦争によって破壊されたイーペルは、再建後「平和都市」と呼ばれるようになった。さらに日本の広島市と緊密な友好関係を結んだ。戦場になったという事実(広島が世界で初めての核攻撃を受けたのに対し、イーペルは化学兵器が使用された最初の場所のうちの1つであった)もあり、両市は結束を深めた。

Ypres has been scarred by many wars since the Roman time in the first century BC.
Today, Ypres is a small city in the very western part of Belgium. Ypres these days has the title of "city of peace" and maintains a close friendship with another town on which war had a profound impact:Hiroshima. Both towns witnessed warfare at its worst: Ypres was one of the first places where chemical warfare was employed, while Hiroshima suffered the debut of nuclear warfare. The city governments of Ypres and Hiroshima advocate that cities should never be targets again and campaign for the abolition of nuclear weapons. The City of Ypres hosts the international campaign secretariat of Mayors for Peace, an international Mayoral organization mobilizing cities and citizens worldwide to abolish and eliminate nuclear weapons by the year 2020.
      
                                The Belfry of the Cloth Hall

      
   来るまでイーペルに近づいてくると目の前に巨大なな衣料会館が現れます。

      
実はここに寄った理由はご飯を食べるためだったんだけど、こんなに何回も戦争にやられてたとは知りませんでした。イーペルのお祭りなど、楽しい顔しか知らなかったからね。。

      
                        The present Cloth Hall, now a museum.

      
                                    Cathedral Saint Martin

     

     
              Saint Martin教会の中

でも実はイーペルと言うと、猫を思い出す人が多いんじゃないかな。。

        Festival of the Cats in 1958.

(from wiki)

The Kattenstoet, Festival of the Cats, is a parade in Ypres, devoted to the cat. It is held every third year on the second Sunday of May. Most recently, the 43rd edition took place on May 13, 2012.

The parade commemorates an Ypres tradition from the Middle Ages in which cats were thrown from the belfry tower of the Cloth Hall to the town square below. Symbolically reviving this practice for the parade festivities, a jester tosses plush children's-toy cats from the Cloth Hall belfry down to the crowd, which awaits with outstretched arms to catch one. The throwing of the cats from the belfry is followed by a mock witch burning.

Participants in the festivities often dress as cats, witches, mice, or townspeople from ages past.

                            

Kattenstoet(キャットパレード):3年毎に5月の第2日曜日に開かれる、おもちゃの猫と魔女による多彩なパレード。シープル(Cieper)とミネケ・プス(Minneke Poes)という巨大猫がパレードのトリをとる。2012年は5月13日に、第43回目の猫祭りが開催された。

次は。。2015年?もうパリにはいないね。。

mny


A TRIP TO BRUSSELS (11) Hotel de Ville

The symbol of Grand-Place? For me, the beautiful Hotel de Ville.
    
                                           ブリュッセル市庁舎
(from wikipedia)
The Town Hall (Hotel de Ville) of Brussels is a Gothic building from the Middle Ages, located in Grand-Place. The oldest part of the present Town Hall is its east wing (to the left, when facing the front). This wing, together with a small belfry, was built from 1402 to 1420 under direction of Jacob van Thienen, and future additions were not originally foreseen. However, the admission of the craft guilds into the traditionally patrician city government probably spurred interest in expanding the building. A second, shorter wing was completed within five years of Charles the Bold laying its first stone in 1444. The right wing was built by Guillaume (Willem) de Voghel who in 1452 also built the Magna Aula.

    
                市庁舎の前

    
                中庭です。

    
                                             Inner court

    
(日本語はwikiさんではなく他の方からコピーしてきました。。日本人はあまりベルギーに興味を持ってないのかな。。フランスの情報はたくさんあったのにベルギーの葉あまりなかったから。。
     
美しい市庁舎の内部も見学可能ですが、ガイドさんの説明付きでしか入れません。ガイドツアーは市議会室、市民が結婚式を挙げる結婚の間、歴代の市長の胸像 が並ぶ栄光の階段、公式のセレモニーに使用されるゴシックの部屋などを順に巡ります。特に町の歴史を編み込んだ16〜18世紀の壮麗な大判タペストリーは 圧巻。また中心部まで川が流れていた頃のブリュッセルが描かれたヴァン・モアによる一連の絵画作品も興味深いものです。

ガイド付きの見学ができますが、水・日しかやってないのです。一人5eurosなんですが、見る価値があると思います。すごくよかったですよ!ぜひ行ってみてください!今回の旅行のベストは美術館とブリュッセル市庁舎でした。

中での写真撮影は禁止されているのでインターネットからコピーしてきました。本物はもっともっときれいだけど。。

The Town Hall can only be visited on Wed and Sun (at the time I went..). 5 euros per person but it was worth every centime! Photos are not allowed so I copied them from the internet..
 
    見学は2階からです。ベルギーのいろいろな王様の絵が飾ってあります。


   議会とかがあるときに使用される部屋です。Tapestryがきれいでしょう?

    
                                                     Ball Room

いいなあ。。私もここのパーティーに呼ばれたい!!

     
とても楽しい旅行でした。ベルギーはまだまだいいところがたくさんあるのでフランスにいる間にまた行きたいと思います♪

mny

A TRIP TO BRUSSELS (9) CHEZ RICHARD

’寒いよ!!なんで外で食べないといけないの?’と文句を言ってましたけど。。
ここはすごく美味しかった!!安かったしお勧めです

                生牡蠣!YEAH!!

  
骨のスープ?Os a la Moelleという料理です。確かにスープですが、骨からでてきたエキスがお野菜にしみこんですごく美味しかったです!(’家でも作って!’と子供に言われたくらいなので本当に好きだったみたい

  
おなじみのロブスタービスク Bisque d'homard


セップマッシュルームのラビオリ Cepe mushroom Ravioli

お料理の値段は一皿10euros前後でした。こんな値段でこの質はパリでは絶対食べられないはず!

食べ終わったごろには体は半分以上凍ってたけど。。大満足でした

CHEZ RICHARD
2 Rue des Minimes
(Pierre Marcoliniの向い側です)

mny

A TRIP TO BRUSSELS (8) CHOCOLATE & SWEETS

In a freezing Sunday morning in Brussels..a woman, age unknown, was sitting outside a cafe by a small paved street..
           
天気予報:曇り、最高気温5度。。こんな寒い日にカフェの外で何を見てるんだろう??

もしかして。。これを見てるの?

  
         Pierre Marcolini Chocolate shop in Sablon. 1, Rue des Minimes

  
ベルギーの街はカワイイ!!(石畳みは私にとって歩きにくいけど。。素敵だよね!)

  
ピエール・マルコリーニのチョコレート屋とケーキ屋は別々になっています。すぐ近くですけどね

  
     
       福岡で買ったケーキに似てる!美味しそう

昔々。。出張で福岡に行った時、Serge Alexandreのケーキをよく食べていました。しかし。。ブリュッセルでは見なかったなあ。。
(興味のある方こちらへ:http://mananya.jugem.jp/?search=serge+alexandre)

There is a Belgian cake shop in Fukuoka, Japan. It was one of my favorite cake shops in the world! But I couldn't find it in Brussels..
(Those who want to see Serge Alexandre cake, please click:
http://mananya.jugem.jp/?search=serge+alexandre)

  
             マカロンのディスプレー

 
                             Their macarons also look nice!

      
    食べたかったけど。。今回の旅行のテーマはチョコレートなので。。

同じ広場の斜め反対側にライバル(?)のお店があります
  
Wittamer's shop and cafe (2nd floor) at No.6 and No.12-13 Place du Grand Sablon

  
   Wittamerではチョコレート系のデザート以外にもいろいろありました

  
     ガレットもあったよ!フランスだけだと思ってた。。

ブリュッセルは中心しか見てないのですが、パン屋やケーキ屋はこの周辺以外ほとんど見ませんでした。ワッフルのお店ばかりでした。ベルギー人は朝ご飯に何を食べるのだろう??

There are MANY many chocolate shops all over Brussels and they are open until very late in the evening!
  
                                古そうな建物に入ってるGodiva

商店街に入ってもチョコレート屋ばかりでした
  
                                    Corne Royal's chocolate

  
                 Chinese New Year's chocolate from Neuhaus

  
       キャラクターのチョコもたくさん置いてありました

たくさん買って帰りましたよ♪私の気になるチョコレートは:Neuhaus, Wittamer,Pierre Marcoliniです。

 
               My treasure

mny

A TRIP TO BRUSSELS (7) GRAND-PLACE

ブリュッセルに行く人は何があってもぜったい見るのはここです:グラン・プラス

(だいたいwikipediaからです)
グラン・プラスは、ブリュッセルの中心地にある大広場です。ウィクトル・ユゴーが賛嘆したことでも知られるこの大広場は、世界で最も美しい広場のひとつと見なされています。1998年にUNESCOの世界遺産に登録されました

     
The Grand Place or Grote Markt is the central square ofBrussels. It is surrounded by guildhalls, the city's Town Hall, and the Maison du Roi (Bread house or Broodhuis in Dutch). The square is considered one of the most beautiful squares in the world. It measures 68 by 110 metres, and it is a UNESCO World Heritage Site since 1998.

    
                       Guildhalls グランプラスのギルドの家

     
グラン・プラスは様々なギルドを淵源に持つ建物に囲まれ、壁に飾られた包丁や樽、手押し車などの紋章がそれぞれの職業をあらわしていて、これらの建物にはそれぞれ名前が付けられています

     
      La Maison des Ducs de Brabant ブラバン公の家

      
                            Maison du Roi (The City Museum)

        
王の家 (la Maison du Roi) は、12世紀以降パン市場として親しまれた木造建築物です。オランダ語では「パンの家」(broodhuis) と言います。(今ブリュッセル市立博物館になってます)

    
                                    市庁舎  Hotel de Ville





      
      市庁舎 は見学すべきです!素晴らしいところです!

     

         
   L'Arbre d'Or (Les Brasseurs) ビールを作ってるところです。

             
Memorial to Charles Buls and the builders of the Grand-Place by Victor Horta and Victor Rousseau グランプラスを作ってくれた方たちに感謝

            
           カワイイから写しました。。

でもせっかくブリュッセルに行くのなら8月がベストです。だってグランプラスはこんなにきれいになるんだもん

 混んでそうだけど。。物価が高くなりそうだけど。。もっとボラれそうだけど。。

     
          きれい!!お休み、ブリュッセル

mny


A TRIP TO BRUSSELS (6) NOTRE DAME DU SABLON

サブロン広場にある教会:Notre Dame du Sablonです
     
はっきり言って、この教会についての話は全然知らない!!ここに行った理由は:’行きたいチョコレート屋の近くにあったから’でした
ごめんなさい!写真だけでもどうぞ

     
この教会は14世紀に建てられたのしか知らなかったけど、建築、彫刻、絵、すべてが素晴らしかったです

     
                                           Superbe facade!

    
                                beautiful vitraux(stained glass)!

     
                                     La Vierge Miraculeuse

      
 お墓の彫刻がすごくきれでした。写真を写してしまって申し訳ありません。。

    
 教会の中はどこも似てるけど、でも見るのが好きです。平和が感じられます

     
ベルギーの彫刻者は働いものです!これを作るのに時間がどのくらいかかったのかな。。

さて、今からチョコレートを買いに行こう

mny

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode