スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

MOUSTIERS-SAINTE-MARIE

Welcome to Moustiers-Sainte-Marie, one of the most beautiful villages of France!

(from wiki)

Moustiers-Sainte-Marie is a village in Alps-Haute Provence. It lies at the western entrance to the Gorges du Verdon. The village has been a centre of the pottery trade, especially faience for centuries.

The village clings a hundred or so metres up the side of a limestone cliff. A spring flows out of the cliff, creating a waterfall directly out of the centre of town. At twilight, the sun strikes the south-facing cliff, creating a diffuse pink light for a few minutes on clear days.

ヴェルドン渓谷の西の入り口にある。最古の村の記録は5世紀である。数世紀に渡り、上薬をかけて美しく装飾したファイアンス焼きの一種、ムスティエ焼きの中心地として栄えてきた。フランス最も美しい村に登録されている。

村は数百メートルもの石灰岩質の断崖にぶらさがっているように見える。泉が断崖からわき出て、直接村の中心部に注いだことで村ができあがった。夕暮れ時になると、太陽が断崖の南側を照らし、ほんの数分間であるが岩肌をピンク色に染める。

     
        上まで登る人、すごい!何人かいましたよ

     
                                      Beautiful village church

     
                         Eglise Notre-Dame-de-l'Assomption

     

     
There was a small market on that day (or is it everyday? There were so many tourists!)

                
                                        small & cute streets

     
      誰のお家かな。。カワイイ!(ブドウの木、見えますか?)

    
          なぜか日本の神社を思い出しちゃう。。

     
        いい所に立ってました!左を向いたらこの景色。。

     
         右を向いたらこれ!きれいだけど怖い!!!!

     
                                  The river Riou is just below..
                                                                       

     
                Can you see the star hanging between the 2 cliffs?
     うーん、崖と崖の間に星がぶら下がってるはずだけど。。見えますか?

えっ?見えない?実は私も見えなかったです。。
参考のために:
       
Photo taken in 2008 V.S. Engraving from an 18-century painting of the village
      
    File:Star above Moustiers Sainte Marie.jpg
                                                         
mny

SAINT-PAUL-DE-VENCE

Saint-Paul-de-Vence is located in the southeastern part of France. It is one of the oldest medieval towns on the French Riviera, well known for its modern and contemporary art museums and galleries.

フランス南東にあるカワイイ村、サン・ポール・ド・ヴァンスです。多くの芸術家たちがここを訪れました。

               
  ホテルは村の外にあるのですが、この景色が見られるんだったら。。文句なし

では、サン・ポールにお散歩に行こう

     
                                             1-2-3 jump!

     
                    Mountains are always agreable to look at

     
There are a few corner with posters reminding us of various artists who spent their time here..

     
                         The cimetary of Saint-Paul-de-Vence.

     
                                       Marc Chagall's grave
  マルク・シャガールは20年間このコミューンで暮らし、お墓もここにあります。

     
                                        Saint Paul by Mancini

     
                                        The clock tower

         
                             The streets are full of art galleries

               
        アートギャラリーでにぎわってるサン・ポール

               
                  The fountain in La Grande Rue. We had dinner there!
この噴水の上にあるレストランで夕食を食べました。観光化されてるので結構高かった。。

     
                                       Delicious cepe mushrooms!

     
                               Marinated Salmon. A bit salty..

     
                  Rouget Pissaladiere! A kind of Provence style pizza.
ピサラディエールのことを初めて知ったのは。。日本でした。。フランスで食べたのは初めてかも!美味しかったけど。。このサイズでお腹いっぱいになるのかな。。ドーナツより少しだけ大きかったです。値段は10ユーロくらいだったけど。。高い

     
    あ〜あ、これを注文すればよかった!セップマッシュルームのリソット
  Cepe mushroom Risotto looked really very nice!I should have ordered this!

     
                     Fish (I forgot what fish ha ha! Ask my son T!)

     
                                                 Sunset..        

mny

GOURDON

One of the most beautiful villages of France: Gourdon.
Gourdon (South of France) today, gives a good example of a Feudal village. It is built on a peak whose impressive slopes will, after many hundreds of rock falls, end their days in the Loup River.


予定に入ってなかったけど少し時間があったので行ってみました。映画に出てくるような村でした。

     
                          The perched village of Gourdon

     
                         Gourdon looks just like an 'eagle's nest'

    
遠くから見てきれいでしたけど、村に入ると観光客向けのお土産屋さんだらけでした。。

    
             景色はすばらしかった

              
               カワイイお家

お城に行くには時間が遅すぎたのですが。。中はこういう感じです
     File:Gourdon Castle01.jpg
        We were too late to visit the chateau..the garden looks so cute!

mny

FRAGONARD - Grasse

Fragonard's perfume factory, constructed in 1782,  is one of the oldest in Grasse.

Fragonardは南仏Grasseの香り専門店です。香水から始まって今では化粧品、石けん、アロマグッズなども作られています。

前、パリのフラゴナールにオー・デ・コロン(Eau de Cologne)作りのクラスに招待されて今でも感謝してます!すごく勉強になりました!うーん、興味を持ってる人が集まればいいけどなかなか日本語のクラスに発達できなくてごめんなさい

  Grasse : The historic factory
  Here, you can learn about different technique to make perfume (free visit)

      
The distillation technique is based on the ability of steam to capture essential oils.
    
                   
                           Different fragrances are stored here.

     
The absorption technique is based on the ability of animal fat to naturally absorb odours. Depending on how well the plant matter withstands heat, this process can be conducted at either hot or cold temperatures. This technique is too costly so now they don't practice it anymore.
動物の脂を使ってお花から香りを取る方法は高すぎて今は使ってないそうです。

     
                                             Mix & match!

香水よりも石鹸作りが面白かった!石鹸の材料はこういう風にミックスされてシーツになります。それをプレス機械に入れて長い棒みたいになってでてきます。そしてスタッフが石鹸の型に入れて出来上がります!

 
                              Guess what the guy is making!

フラゴナールは材料にこだわり、昔からの手法を守って手作業で作るので、大量生産ができない為、直営の店舗でしか手に入らないのです

出来上がった物はこれ
                 
               
     The guy was making soap in the shape of an egg!

南仏に行く機会がありましたらぜひグラスに寄ってみてくださいね♪見学は無料で予約も要りません。

The Historic Factory
20 Boulevard Fragonard
06130 Grasse


mny


EZE

(from here and there..)
エズ(Èze)はCote d'Azurの街でニースとモナコの中間にあります。
エズはフランス地中海の上方の標高427mに位置する高い崖を見下ろす場所にあるため、「鷲の巣 (eagle's nest)」と言われるようです。高い標高のため、村と明るい黄褐色の教会は遠方から確認することができます。伝統的に、モナコ公国の領土はエズ村から地中海岸に沿って、現在のイタリアとの国境であるマントンまでと考えられていました。


Èze has been described as an “eagle's nest” because of its location overlooking a high cliff 427 metres above sea level on the French Mediterranean. It's so high that the light ochre church within (Notre Dame de l’Assomption) can be seen from afar.
  
     
                            Left:Notre Dame de L'Assomption

               
     Love these small stairways which lead you up and down the village!

                

                

               
             村全体が美術館みたい

      
                      View of Chateau de la Chevre d'Or (a hotel)
        このホテルに泊ってみたい景色が良さそう!
         
               エズのエムブレム
The motto of the village is the phrase Isis Moriendo Renascor (meaning "In death I am Reborn") and its emblem is a phoenix perched on a bone.

      
           エズの周りの景色も最高でしたよ

     
      こういう豪華客船に乗って一日中海を眺めてみたいなぁ〜

     
       The view was unbearable..a heartache to leave this beautiful place..

  
                             Cheers to T! Congratulations!

エズにいた時にいいニュースが入ったので(子供のビザができあがった!出発に間に合った!)お祝いを♪本来ならシャンパーニュがよかったけど。。エズの物価が高くて。。ロゼで我慢!乾杯

この後の旅行は気楽にできていい思い出になりました

mny

MONACO

ブログ、いつも話が行ったり来たりして全然つながってないよね!申しわけありません
私の順番とは、一番書きたいことを先に書くという順番なので。。

今回の家族旅行はモナコまで行きましたよ

Monaco is a small country..only 2 square kilometres! And a country with no income tax!Wow!

モナコの話をするとすぐ思い出すのはPrincess Graceのこと。。みんなに愛されるプリンセス。。とても美人でFairy Tale(物語)のような人生だったけど。。悲劇に亡くなりました
今でもお土産屋さんでたくさんPrincess Graceの記念品が売ってます。

モナコは世界で2番目に小さい国ですよね。。2平方劼靴ありません!しかもこの国には所得税が存在しません!だから世界中の大金持ちのビジネスマンがこのタックス・ヘイヴンに引っ越したがります。

クイズです!モナコのタックス・ヘイヴン制度を利用できない国民がいます。(ネット検索しちゃだめだよ!)さて、どこの国の国民でしょう?

まあ、失業の私には別に関係ないけど。。
では、写真をみてみよう♪

Let's enjoy the beautiful scenery of Monaco!
    

    


    

    
                                     Near Prince's Palace

                 
Statue of Francois Grimaldi, "il Malizia" ("the Cunning"), disguised as a monk with a dagger hidden under the cloak of his habit.

グリマルディ家の始祖として知られるフランソワ・グリマルディ像(モナコ大公宮殿前)
    
    
                      Prince's Palace of Monaco モナコ大公宮殿

    
                                                Fontvieille

     
                                               Fontvieille

      
                                                       Boom!

     
                                    Saint Nicolas Cathedral

               
                中もきれい

モナコは絶対物価が高いと思って何も食べなかったし買いませんでした。(けっちだよね!)でも駐車場代は高いだろうなと思ったら。。

なんと無料でした!
びっくり!よく見たら一時間まで無料って書いてありました♪モナコって、いい国だよね

mny

POISSONNERIE LAURENT-CASSIS

Cassisでお昼を食べようと、いろいろ歩きまわってレストランを探していました。観光客向けなところはいやだなぁ。。でもどこも観光客向けっぽくて。。(いろいろな言語のメニューが置いてあるところは要注意!!!)いいところがないからしょうがないかぁと思った時に。。

’Poissonnerie Laurent'の看板が見えてきました。
えっ?ここってお魚屋さん??レストランっぽいけど。。

よく見たらレストランの奥は魚屋でした
お魚が新鮮で美味しそう♪ここにしよう♪

We were lucky to find a restaurant which serves fresh & delicious seafood dishes in highly touristic Cassis!Let's tug in!

     
      Soupe de poissons お魚のスープは最高♪美味しかった♪
セットメニューにしたら前菜はこのスープ!でっかい!3人でいただいても全然OKなサイズ

     
スープに入れるのはcroutonという硬めのパン、チーズ、rouille sauce(ニンニク、オリーブオイル、チリ、fumet de poissonなどが入ってるソース)あ〜あ、満足

The soup tasted so delicious with croutons, shredded cheese and rouille sauce (even if we came out with very smelly breath!Ha ha!)

     
                               Grilled fish with French fries!

     
        Moules Provencale プロヴァンス風のムール貝

       
         この小さいお魚のフライが大好きですLove deep fried whitebaits!

One of my best dining experiences!


Poissonnerie Laurent
6, Quai Barthelemy 13260 CASSIS
TEL: 04 42 01 71 56


mny

CASSIS

Cassis (to be pronounced 'kasi' and not to be mixed up with the fruit 'cassis') is famous for its cliffs (falaises) and the sheltered inlets called calanques. They also produced white and rosé wine.     

Cassisは同じスペリングでも果物の’カシス’とは関係なく、フランスの南のCote d'Azurにあります。(だいたいの読み方は’カシ’)

海がとてもきれいでしたよ
      
People flocked into Cassis for the beach and boat excursion to neighbourhood islands.

     
                                     Pittoresque!  絵みたいに綺麗!
     
         Chateau de Cassis  カシのお城

       

     
                                                  The port

 
タイ人の先輩のお勧めでここに来てよかったです!きれいだし食事が美味しかったし最高でした!T先輩、ありがとう

フレデリック・ミストラルさんのお言葉:’パリを見てカシを見てない人はなにも見てない’
やっと両方見れたよん♪

'Qui a vu Paris et pas Cassis, n'a rien vu' Frederic Mistral.
I have seen both! Yeah!

mny


MENTON - ROQUEBRUNE CAP MARTIN

Cote d'Azurの海は本当に'azur'色でした。。海や空のブルーはきれいな色ですよね?

We had a lovely drive from Menton to Roquebrune Cap Martin where we stayed the night at Hotel Le Roquebrune with the most incredible sea view!
    
       Mentonに向かう道にこういう景色が見られます。
    Mentonはイタリアとの国境の近くにあります。レモンで有名です

    

    
      Mentonの町はあまり何もないけど。。景色はきれいでした。

Mentonに泊りたかったのですが、手ごろのホテルは全部満室で。。しょうがないから周りのRoquebruneのホテルを検索しました。3に家族なのでトリプルルームはなかなか見つかりませんでした。
もう、海沿いは無理かな。。と半分あきらめてたけど、直接このホテルに電話してみました。

’2人部屋でエクストラベッドを入れてくれますか?お願いです。どこも空いてないので
そうしたら、’えっ?うちは3人部屋があるんですよ!それでいいじゃないですか?’

だいたいホテル予約にはbooking.comというサイトを利用してるけど、booking.comに3人部屋が出てなかったので。。

喜んでその部屋を予約しました。実際に行ったらとても優しいおばあちゃんたち2人が経営してるホテルでした。
’息子さんのベットの料金、プレゼントします。booking.comの(ちゃんとしてない)ことを教えてくれたからね’

やさしい!!!しかも部屋からの景色、今までで一番きれいでしたよ

     
                                       View from our room..

                
            ずっとここに住みたい!!!!きれい

やさしくしてくれたので夕飯もここで食べてあげようと思ったら前の日までに予約しないと準備ができないメニューばかりでした。1時間30かけて準備してくれた物はサラダとブイヤベースでした。すべてフレッシュでおいしかったです

    
           Champagne's price was very reasonable! Love this place!

    
                                     Super fresh salad!

     
                                   Fresh fresh Bouillabaisse!

               
この夜景を見ながら家族3人で幸せな夜を過ごしました。心配ごとがまだまだ続く時でしたが、家族が一緒だったらなんとかなると、すごく自信が出てきました

このホテルのおばあちゃんたちに感謝
みなさんも遊びに行ってあげてくださいね

Hotel Le Roquebrune
100, Avenue Jean Jaurès - 06190 Roquebrune Cap Martin
TEL:+33 (0) 4 93 35 00 16

mny

RENOIR'S HOUSE! (CAGNES-SUR-MER)

Cagnes-sur-mer is located in Cote d'Azur, west of Nice. It was the retreat and final address of the painter Pierre-Auguste Renoir, who moved there in 1907 in an attempt to improve his arthritis, and remained until his death in 1919.

Welcome to Renoir's house!

カーニュ・シュル・メールは内が有名かと言うと。。ルノワールかな。。
      
      ルノワールの家:Les Collettesから見た景色です。いいよね?

     
           絵が描きたくなるような景色。。

      
                                Renoir's estate, Les Collettes

      
 The place was so beautiful that even I wanted to paint something..ha ha!

     

     
                                                Let's get in!

ルノワールは有名だから平日でもすごく混んでましたよ!誰もいない部屋の写真を撮るのに、結構大変でした。。

     
       Explanation is not necessary but well..this is the dining room..

     
                                             Renoir's studio

     
                  Imagine how he would sit there all day and paint..
ルノワールは1898年頃からリューマチ性疾患に悩まされ、晩年は車椅子で制作を続けたようです。

              
                                     Another painting corner..

     
                      View from Madame Renoir's bedroom..

     
    ルノワールの奥様の部屋からこんな素晴らしい景色が見られます

     
      奥さんにやさしいよね?私ならこの部屋を取っちゃうけどね

     

     
      ルノワールはとてもきれいな家に住んでたね!羨ましい!!

     
ピエール・オ―ギュスト・ルノワール - 1919年12月3日、カーニュ・シュル・メールで亡くなりました。

mny

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode